融資の種類と即日融資ナビサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

このページは「融資の種類と即日融資ナビ」ブログの「スポンサー広告」カテゴリーにある「スポンサーサイト」のページです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<<TOPページに戻る

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sokujituyushi.blog59.fc2.com/tb.php/13-018c1a9b

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

融資の種類と即日融資ナビサイトトップ >低金利融資 >>超低金利の融資ってどこにあるの?

超低金利の融資ってどこにあるの?

このページは「融資の種類と即日融資ナビ」ブログの「低金利融資」カテゴリーにある「超低金利の融資ってどこにあるの?」のページです。

融資を受けるとき、当然ながら、金利は低いほどいいのは言うまでもありませんね。では、超低金利の融資って実際にあるのでしょうか?超低金利融資を探していくと、必ず目にするのがローン会社の広告です。それも、超低金利のローンをうたい文句にした広告があったりします。

超低金利融資の広告には、例えばこんな条件のものがあります。初回の融資額は100万円で、金利は固定金利で0.9%、さらに、返済期間は最長で10年(120回払い)、といった内容があったりします。これって、とんでもなく超低金利の融資となるわけです。それでは、なぜこんな広告を出せるのでしょうか?

このような広告が出せる裏にはいくつかの理由があったりするのです。このような条件でもし銀行が融資をしたら、ハッキリ言って潰れてしまいます。そこで、考えられる内容をいくつか紹介してみます。

言い方として、「このような超低金利融資の条件を出すためには信用をつける必要があります。ですから、信用をつけるために○○で□□万円借りて来て下さい。」といて、借りてきたお金をそのまま持っていかれてしまう、なんてことが考えられます。

他の考え方としては、超低金利融資の希望者の他の借り入れ件数を調べて、件数が少なければ他社のローン会社を紹介してその紹介料として40~60%をもらう、件数が多ければ弁護士や司法書士を紹介して同じように紹介料をもらう、といったやり方です。つまり、その広告を出している会社は一切融資することはないわけです。

●このサイトでよく検索されるキーワード:
銀行融資
大口預金規制
銀行 融資 金利

このように、超低金利融資の広告を出している会社の許可番号を見れば、そのほとんどが「都(1)○○○○○○」というように書かれていると思います。「(1)」は許可回数で、更新していくと(2)→(3)と増えていきます。もし、(1)であれば、更新できないとかする気がない会社であると判断できます。

<<TOPページに戻る

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sokujituyushi.blog59.fc2.com/tb.php/13-018c1a9b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。