FC2ブログ
融資の種類と即日融資ナビサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

このページは「融資の種類と即日融資ナビ」ブログの「スポンサー広告」カテゴリーにある「スポンサーサイト」のページです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<<TOPページに戻る

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sokujituyushi.blog59.fc2.com/tb.php/17-bab94aea

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

融資の種類と即日融資ナビサイトトップ >不動産融資 >>金融庁は不動産融資に規制はしないが口出しはする!

金融庁は不動産融資に規制はしないが口出しはする!

このページは「融資の種類と即日融資ナビ」ブログの「不動産融資」カテゴリーにある「金融庁は不動産融資に規制はしないが口出しはする!」のページです。

「金融庁が不動産融資を規制する」となると、あのバブル崩壊の要因になった総量規制をもう一度、再現してしまうことになってしまいます。だから、金融庁は、銀行による不動産融資に規制はしません。しかし、検査や視察という名目で口出しはしています。

つまり、金融庁が不動産融資に対して口出しするという意味は、新しい融資ガイドラインを作成し適用させることを意味しています。何を検査し視察しているかというと、担保価値以上に過剰な融資をしていないか、属性に相応しくない人までも過大な融資をしていないかチェックしているわけです。

金融庁自体、不動産融資に対する口出しはかなり慎重になっているのは事実です。常に、あの総量規制のときの教訓を意識しながらも、金融機関による不動産融資を陰で操っているわけです。

銀行側も、この金融庁の不動産融資に対する細かい口出しに対して、具体的な姿勢を見せなければなりません。たとえば、不動産融資するのは、年収1千万円以上の人に限るとか、融資の限度額は物件価格の90%以内とするとか、さらには、不動産融資の審査の土俵に乗る最低年収を500万円から600万円に引き上げるとか、だまざまな具体策が出来上がってきました。

バブル崩壊とは性格が違うサブプライム問題がまだまだ尾を引いているいますが、それぞれの金融機関としても、「担保がある不動産と言えども、属性の低い人に融資するのはリスクが高い!」という本音があるので、この金融庁の不動産融資に対する口出しは、ある意味歓迎できるという判断もあると思います。

●このサイトでよく検索されるキーワード:
制度融資とは
融資とは
不動産 融資とは

金融庁や各銀行が作ったルールにかなった高い属性の人や所有している資産背景が潤沢は人にとってが、これからの収益不動産は絶好の「買い場」が訪れると言えますね。ただし、全てにおいて、自己責任が伴っていることは変わりありませんので、不測の事態も充分に検討しながら判断する必要があります。

<<TOPページに戻る

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sokujituyushi.blog59.fc2.com/tb.php/17-bab94aea

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。