融資の種類と即日融資ナビサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

このページは「融資の種類と即日融資ナビ」ブログの「スポンサー広告」カテゴリーにある「スポンサーサイト」のページです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<<TOPページに戻る

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sokujituyushi.blog59.fc2.com/tb.php/18-f37d27de

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

融資の種類と即日融資ナビサイトトップ >銀行融資 >>銀行融資を個人で検討したい!

銀行融資を個人で検討したい!

このページは「融資の種類と即日融資ナビ」ブログの「銀行融資」カテゴリーにある「銀行融資を個人で検討したい!」のページです。

銀行融資を個人が利用する場合っていろいろなことが考えられますね。
不動産など大口のまとまった資金が必要で銀行融資を依頼するとか、これから個人で事業を始めるので銀行融資を検討するとか、さらに、身近な生活に関わることでは、車の購入やブランド品の購入のために銀行融資を考えるなど、さまざまだと思います。

ただ、近年は、個人が銀行融資を依頼するとき、借金を返すためにまとまった金額を融資してもらうために銀行融資を考えている人が増えているようです。よくあるのが、学生時代からブランド品にはまり、はじめはアルバイトをしたお金で購入していたのが、いつの間にか、ローン会社から借りることになり、気が付くと100万円や200万円を超えていた!となり、その時には、数社のローン会社から借金をしているため、返済に追われているといった方もいるわけです。

さて、それでは、このような個人に銀行は融資をしてくれるんでしょうか
まともに考えると、銀行融資は不可能と考えられます。借金を返済するための借金ですから、当然といえば当然の話しかと思われます。
ただ、やり方がないわけではありません。銀行のカードローンで借りる方法があります。つまり、ローン返済のためにフリーローンを借りるということです。ただし、どの銀行もやっているか保証できません。さらに、このような経済不安の中ではさらに厳しいかもしれませんが、一度、だめもとで銀行に相談してみるのもいいかもしれません。

●このサイトでよく検索されるキーワード:
銀行 融資 利率
銀行法 銀行の種類
住宅ローン つなぎ融資 金利

個人が銀行融資を受ける場合に限りませんが、基本的に、お金を借りることは、いろいろな方法で借りることはできると思います。ただし、返済をするための原資はどこからあるのかを良く見極めてから借金をするようにしなければ、このような借金返済のための借金になってしまうので、計画的に融資を検討して下さい。

<<TOPページに戻る

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sokujituyushi.blog59.fc2.com/tb.php/18-f37d27de

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。