融資の種類と即日融資ナビサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

このページは「融資の種類と即日融資ナビ」ブログの「スポンサー広告」カテゴリーにある「スポンサーサイト」のページです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<<TOPページに戻る

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sokujituyushi.blog59.fc2.com/tb.php/21-e0de7c83

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

融資の種類と即日融資ナビサイトトップ >大口融資 >>所得証明と大口融資

所得証明と大口融資

このページは「融資の種類と即日融資ナビ」ブログの「大口融資」カテゴリーにある「所得証明と大口融資」のページです。

融資を受ける場合に、いろいろと審査が必要になってきます。審査が甘いとか即日融資とか限度額が200万円以内などの融資であれば審査も早くできます。しかし、大口の融資となるとそうは行きません。例えば、不動産などを購入する場合、住宅ローンを組むことになりますが、その場合に審査の申込をすることになります。その申込をする場合に、いろいろな書類や証明書が必要になってきます。

さて、そのような大口融資などの場合の所得証明は、どういうものでどこでもらえるのでしょうか。所得証明書は現在、住んでいる住所管轄の区役所、または市役所で交付を受けることができます。この所得証明書は、サラリーマンや公務員などの給与所得者の所得を証明するために有効となります。通常、本年度の所得証明書に記載される数値は昨年度末に自分が勤務している会社から交付される源泉徴収票の数値と一致しています。

もし、あなたが、サラリーマンや公務員などではなくて、自営業者や独立事業主などの申告所得者である場合は、管轄の税務署で交付される納税証明書がそれにあたります。つまり、自営業者や独立事業主などの所得や納税額の証明をするために納税証明書が有効になります

●このサイトでよく検索されるキーワード:
銀行 融資 審査
銀行 融資 金利
銀行 融資 個人

大口融資の場合、金融機関やローン会社によって審査の内容が違ってきます。当然ながら、融資の限度額も違います。その基準となるのが、融資を受ける側の返済能力がどのくらいあるのかが、一つの判断材料になってきます。会社であれば決算書になりますが、個人の場合は所得証明や納税証明書が審査の判断材料になってきます。

<<TOPページに戻る

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sokujituyushi.blog59.fc2.com/tb.php/21-e0de7c83

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。