融資の種類と即日融資ナビサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

このページは「融資の種類と即日融資ナビ」ブログの「スポンサー広告」カテゴリーにある「スポンサーサイト」のページです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<<TOPページに戻る

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sokujituyushi.blog59.fc2.com/tb.php/22-57664b2c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

融資の種類と即日融資ナビサイトトップ >事業融資 >>事業融資の不動産担保融資と信用保証協会の無担保融資で

事業融資の不動産担保融資と信用保証協会の無担保融資で

このページは「融資の種類と即日融資ナビ」ブログの「事業融資」カテゴリーにある「事業融資の不動産担保融資と信用保証協会の無担保融資で」のページです。

事業資金を銀行の不動産担保融資と信用保証協会の無担保融資で調達し、事業を始めたとします。誰しもが夢を持って事業を始めるのですが、会社の経営はなかなか思うように行かないのが現状です。ここでは、上記の方法で事業融資を調達し、その後、事業がうまくいかず返済が滞ってしまった場合、どの様なことになるのかちょっとシュミレーションをしてみました。

ここで、素朴な疑問があります。返済が滞ってしまったら事業自体できなくなってしまうのでしょうか?銀行への返済と信用保証協会への返済はどのような形になるのでしょか?事業融資を受ける場合、はじめからこのようなことはなかなか考えませんが、経営者として知っておいたほうがいいことでもあります。

さて、事業融資を銀行の不動産担保融資と信用保証協会の無担保融資で調達していますので、返済が滞った時点で、銀行への返済は信用保証協会が行います。これによって、信用保証協会へ債権がすべて移されることになるわけです。さて、そこで最初の契約書で、信用保証協会の保証つき融資を受けるときの無担保借入申込の保証人は借入をする法人の代表者の名前になっていますね。そして、協会では返済してもらうことが第一義となるので、本来であれば一括して支払うよう申入れがあるのですが、ハッキリ言ってそれは不可能のです。

●このサイトでよく検索されるキーワード:
大口融資規制 銀行法
中小企業 個人向け融資
銀行の個人向け融資

ですから、月々可能な範囲で返済していくことになります。確かこの返済額は協会と協議して設定できると思います。協会としては連帯保証人も付けるよう申入があると思います。しかし、事情が事情なので無視してしまっても良いかと思われます。よく、信用情報に傷が付くとか言われますが、このような事態ではすでに傷が付いているわけですから、あくまで月々返済できる範囲でゆっくりと協会に返せばいいわけです。ただし、誠意を持って紳士的に話を進めて下さい。

<<TOPページに戻る

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sokujituyushi.blog59.fc2.com/tb.php/22-57664b2c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。