FC2ブログ
融資の種類と即日融資ナビサイトトップ >不動産融資 >>ノンバンクの不動産融資とGEマネーのチェック

ノンバンクの不動産融資とGEマネーのチェック

このページは「融資の種類と即日融資ナビ」ブログの「不動産融資」カテゴリーにある「ノンバンクの不動産融資とGEマネーのチェック」のページです。

ノンバンクの不動産融資をはじめから考える人はいないと思います。しかし、戸建てやマンションの不動産を購入するために、売買家約をしてローンの申込書を作成するとき、「GEマネーにも審査を申し込む」の項目にチェックを入れると、必然的にノンバンクの不動産融資を依頼したことになってしまいます。このチェック項目は必ず確認をして下さい。

それでは、このノンバンクの不動産融資を依頼してしまうような「GEマネーにも審査を申し込む」の項目に、なぜチェックを入れてしまうのでしょうか?(これはあくまで一例のお話ですので、全てがこのようなパターンになるわけではありません。)

戸建てやマンションの不動産を購入するため住宅ローンを組む場合、当然ながら銀行の審査があります。審査が通るかどうかは素人には分かりません。しかし、プロの営業マンであれば、この人は銀行のローン審査が通るか通らないかは、年齢や職業や年収からだいたい分かってしまいます。そこで営業マンは2つに分かれます。つまり、お客さんの立場に立って条件をいろいろ提示しながら考える営業マンか、それとも、この不動産を売るためになんとしてでもローンの審査を通してしまうと考える営業マンかです。

もし、後者の営業マンだった場合、先ほどの「GEマネーにも審査を申し込む」の項目に勧められるままにチェックをしてしまうかも知れません。(何度もいいますが、実際に必ずそうなるというわけではありませんよ。)さて、それでは、その項目にチェックをしてしまうと何が起きるのでしょうか。恐らく、銀行の不動産融資の審査では満額回答が出て満額融資は無理だと思います。そうなると、自動的にノンバンクに審査依頼が入り、ほとんどの場合、満額融資が可能になってくるわけです。これで審査が通りましたので、この不動産契約を履行しなければなりません。つまり、銀行よりも高い金利でノンバンクの不動産融資を組まなければならなくなります

こうなってしまった場合、契約者はどうしたらいいかというと、手付金放棄をして解約するか、高い利率で住宅ローンを組んで支払いをするかしかなくなってしまいます。しかし、上記の場合は、営業マンが「GEマネーにも審査を申し込む」という意味を詳しく説明していないこと、借入先を特定しない「金融機関」にノンバンクがあることを説明していないので、消費者に著しく不利な特約という判断で無効になると思います。ただし、業者が手付金の返還を拒んだ場合は司法の場で争うしかありません。

●このサイトでよく検索されるキーワード:
新規事業融資
銀行 新規事業融資
銀行 融資 個人

不動産を購入する場合は、いろいろな専門用が飛び交うのと、その場の判断を迫られることが多いです。ですから、特に分からないことがあれば、恥ずかしがらず営業マンに迷惑をかけるなどと考えず、しっかりと立ち止まってしっかりと確認しましょう。

<<TOPページに戻る

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sokujituyushi.blog59.fc2.com/tb.php/23-c291a79b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QRコード