融資の種類と即日融資ナビサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

このページは「融資の種類と即日融資ナビ」ブログの「スポンサー広告」カテゴリーにある「スポンサーサイト」のページです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<<TOPページに戻る

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sokujituyushi.blog59.fc2.com/tb.php/4-37668383

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

融資の種類と即日融資ナビサイトトップ >不動産融資 >>不動産融資と銀行の正しい関係とは

不動産融資と銀行の正しい関係とは

このページは「融資の種類と即日融資ナビ」ブログの「不動産融資」カテゴリーにある「不動産融資と銀行の正しい関係とは」のページです。

不動産を買うために融資を使って購入する場合、当然ながら銀行との関係がどうなるのかが大きなポイントになってきます。
不動産の購入で成功の鍵を握っているのは、なんと言っても銀行融資の力です。良い条件で融資を受けて投資物件を購入すれば、投資効率は格段に向上するのは言うまでもありません。

さて、そのためには借金をしなければなりません。それには、不動産融資のための「良い借金」という考え方があります。簡単に言うと、「借り入れの金利よりも、借入金で取得した資産の利回りが高い」ことです。もっと具体的に言うと、例えば「金利2%で借りた借入金で、利回り10%の収益不動産を買う場合」などがそうです。

それでは、銀行の本来の仕事は何でしょうか?その目的は、預金としてユーザーから集めたお金を借りたい人に貸す(融資する)ことによって、その金利差で利益を得ることです。別の言い方をすると、銀行は、「預金」という名でユーザーから低金利で「借金」をします。そして、その低金利で調達したお金を、「融資」として金利を上乗せして貸し付けしているわけです。

●このサイトでよく検索されるキーワード:
信用組合 大口融資規制
銀行 大口
大口 融資 管理
銀行法 大口預金規制

不動産融資と銀行の正しい関係では、不動産融資のための「良い借金」をして、銀行にとってもその不動産融資で安定して利益を得ることができる融資をすることです。「借り入れの金利よりも、借入金で取得した資産の利回りが高い」不動産を見つけ、そのために事業計画を銀行に提示することです。

<<TOPページに戻る

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sokujituyushi.blog59.fc2.com/tb.php/4-37668383

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。