融資の種類と即日融資ナビサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

このページは「融資の種類と即日融資ナビ」ブログの「スポンサー広告」カテゴリーにある「スポンサーサイト」のページです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<<TOPページに戻る

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sokujituyushi.blog59.fc2.com/tb.php/42-6cd9ddaf

-件のトラックバック

[T4] 低金利

金融危機。 日銀の白川総裁が、金融危機の背景には、04年以降に世界経済が低イン...金融危機。 日銀の白川総裁が、金融危機の背景には、04...

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

融資の種類と即日融資ナビサイトトップ >低金利融資 >>低金利で融資を受けるための制度融資は?

低金利で融資を受けるための制度融資は?

このページは「融資の種類と即日融資ナビ」ブログの「低金利融資」カテゴリーにある「低金利で融資を受けるための制度融資は?」のページです。

事業融資をなるべく低金利で融資を受ける方法はあるのでしょうか?または、公的な制度融資などはないでしょうか?中小零細企業の場合、事業融資にしろ、設備投資にしろ、名目は何であれ、その一部が運転資金に回ってしまうこともあります。ただ、銀行や公的機関から融資を受ける場合は、融資の目的をしっかりと提示しなければなりません。

中小零細企業の経営者にとって、低金利で融資を受ける方法のなかに保証協会を利用した融資があります。この保証協会の融資は、半分が国、半分が民間の銀行や信用金庫が持ち寄って融資する方法になります。つまり、かつての国民生活金融公庫とおなじように公的な目的で運用されている分けです。

ちなみに、国民生活金融公庫は、平成20年10月1日に解散されています。そして、同じ日付で設立された株式会社日本政策金融公庫に統合されました。また、それに伴い、中小企業金融公庫、農林漁業金融公庫、国際協力銀行も解散して新会社に統合しています。

この制度融資は、あくまで公的な目的のために使われることが大前提になっています。ですから、中小零細企業がこの保証協会の融資を受ける場合の保証協会の立場は、中小企業の経営の安定に寄与することが目的で融資する、ということになるわけです。これを受けて、中小企業の経営者は、会社の経営に前向きな事業計画を提示できるようにしなければなりません。

できれば、その返済計画では1円単位まで計画に落とし込んで作るといいですね。当然ながら、計画だけに終わってはなりません。保証協会は返済日が1日でも遅れたりすると、次の融資に大きな影響を及ぼしかねません。ですから、返済計画は綿密に、返済日をしっかり守って返済をしていって下さい。

<<TOPページに戻る

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sokujituyushi.blog59.fc2.com/tb.php/42-6cd9ddaf

1件のトラックバック

[T4] 低金利

金融危機。 日銀の白川総裁が、金融危機の背景には、04年以降に世界経済が低イン...金融危機。 日銀の白川総裁が、金融危機の背景には、04...

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。